Mojo Club Weblog

ナウでヤングな・・・mojo blog
アクアリウム 100円ショップのススメ!
その1 アクアリウムは金食い虫!? 

アクアリウムを始めてから思う事があるのです。
とにかく専用モノ(器具/道具類)の値段の高いこと。
メーカーが提示した価格が高いか安いかはアクアリウムを始めて、暫くして実感できるものなんだけれども。
少なくとも、その製品の原材料などを考えてみると(この場合流通量やその他のコストは考えず)えらい高価な品物と思えるんだわね。「え゛ー、なんでこんなもんがこんな値段!?」たとえそれが百円、千円の単位でも。

このことはアクアリウム関係のホームページにもよく書かれていることだけど、確かに水槽を設置して暫くすると「アレも必要コレも便利だろう」とショップに出かけては購入してしまい、気がつけば相当な金額投資に及んでいるということになっちゃってます。

生体や水草は別にして、水槽その周辺に使うであろう小道具たちは大方の場合、絶対必要というわけではなく"あると便利"程度のものなんで、ワタクシのような貧乏人にとってはそんな辺りに多額の出費は出来ないのであります。(アクアリウム維持はとーぜん、小遣いの中から捻出であります)

そこで、別に有名メーカーの専用品でなくても代用できるものは安物で代用しちゃいましょうという構想に至るのは至極当然。これまた玄人なアクアリストさん達も「これは使える」との代用品類を紹介されております。

ワタクシもこの考えには賛同でありまして、「貧乏人、知恵を絞って 安く上げ」の信念を元に自分ながらの水槽維持ローコスト化を考えておる次第。
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
第一章 〜立上げ編〜 
2004年 8月 某日 「なんとなくやって見ることにした」

ということで、水槽日記を過去にさかのぼってズラズラと書き綴る事にしたんだわ。

これでもね、一応考えました。小さな魚とは言えど命あるものでしょ。ワタクシの性格から考えて一時の思いつきで飛びついたはいいけれど、直ぐに飽きちゃう、どーでもよくなる→放ったらかし、埃まみれ というのだけは避けねばならない・・・と。実際は7月くらいに熱帯魚 飼ってみたいと思いついたけど、そこは我慢にガマンを重ね熟考したわけであります。

インターネットで色々検索したり、観賞魚売ってるホームセンターや量販店に何度も様子伺いに行ったりして。(専門店はまだまだ敷居が高すぎるよーな気もしたし、なんだか店員に声かけられたら買ってしまいそうだったので チョット小心者)

8月に入って、カミさんとホームセンターに行って「ワシャ、熱帯魚を飼いたいんよ」とカミングアウト←告白って言うか?普通!?
でもね、ここは重要。我が狭き家にまた訳のわからないもの置くわけだし、音がする、臭いがする とかいくつかの危惧すべき事態が待ち受けているやも知れず。 ここは同居人の理解は不可欠。
その場では何も購入しなかったのだけど、「部屋が狭いからこの程度の大きさの水槽にしようと思う」程度の相談と了解の取り付けてその日は帰ったのでありました。
(我ながら慎重な行動であったと今更感心している)

教訓:熱帯魚 買う前に カミさんの機嫌をとって 吉
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
決意!!(大幅にてきとおー)
次回からもじょきち的、水槽日記というか経過らしきものをちゃんと書いてみよう・・・とか思った。
本来なら もっと前にちゅーか立ち上げの頃から書くのが至極常識なんだけどね。
水槽の写真、画像・・・うーーん、デジカメで上手く撮れません。アクアリウム関係のサイトでは水槽写真の上手な取り方指南もあったけど、そう簡単にはイカンのだ、実際。昔の水槽写真はありゃしませんし。
そんなこたぁ、いいか、基本的にてきとーな訳だし。

・・・たぶん、このようなブログを見ている殊勝な人は殆どいないでしょうから、この適当さ加減に腹をたてて抗議に来る人もいないでしょう…ウンウン (一人納得)
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
グラミーvsヤマト・ヌマエビvsゼブラ・ダニオ
先日の日記にグラミー水槽(いつの間にかグラミー主役or宿主 表記)にヤマトヌマエビを投入したことにコメントを頂きました。10cm級のグラミィだと間違いなくエビは大変美味しく食されるであろうと思いますが…

今の所、大丈夫なんですけどねぇ、もう1人というか他3匹の同居人が大変にマズイ。極悪ゼブラ・ダニオ&レオパード・ダニオ。はっきり言って混泳させるにはかなりの問題アリなぁーのだ。

もともとはダニオどもの隔離水槽だったのだから、その辺を考えて他の同居魚を入れればいーのだけど、実は考えた挙句にゴールデンハニードワーフグラミーにしちゃったのだ。お店の人は「だいじょうぶです」と太鼓判を押していたけどね。
基本的にはダニオ軍団に苛められない方達が大前提だったので、その辺は大丈夫みたいだけど、一番の問題は給餌

ダニオは慣れまくって(ナメまくって?)顔を覗かせても餌だと思って大暴れ、ピンセットで餌を鼻先まで持っていって、ダニオさんが来ても離さずに出来る限りグラミィさんたちに行き渡るように掴んだ餌を離すのだ。
あ゛ーーーー、めんどくせぇ(-_-;)


| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -
さかな編:極悪ゼブラ・ダニオ
恋化× 鯉科○
〜4cm
餌は何でも良く食べ…いや 食べ過ぎる。他人の分まで横取りする。
流石に鯉だけあって、指を入れてもかぶりつきに来る・・・馬鹿。
浮いているものから底に落ちているものまで漁りまくるので、はっきり言ってなんでもいいのだ。

安い、丈夫、それなりに綺麗と三拍子揃ったさかな。
しかも温和でコミュニティタンクにぴったし…
というのは絶対嘘。
安いというのは塩サンマと比べてもさらに安いし、丈夫と言う点では我が家での飼育経過からしてむっちゃ丈夫というよりは立派。
光のあたり方によって青とシルバー(雌雄では黄色っぽいとかちよっと違う)のストライプも美しい。が、性格という点では非道。
熱帯魚関係のサイトでも"温和"という触込みに(騙され?)投入したはいいが、水槽内のとんだお騒がせ野郎となり、手を焼いている という話しもチラホラ。勿論人格(普通は個体差といふ)はあるにしても、混泳には向かないと言うよか、やめときなさいってば。

仲間同士のイザコザや抗争だけならまだしも、同サイズの魚にもちょっかいを出し、迂闊に体色が似ていたりすると執拗に追い回す。
我が家では彼らによってネオンテトラ、ブラック・ネオンテトラが水槽からダイビング事件が発生。以後、ワタシとダニオとの果てしない戦いが始まったのだった。
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
エビ大暴れ
また やってしまいました。
今日は水換えの日なんでまずは小型水槽から・・・
いつものことながらアナカリス びゅんびゅんに延びているのでトリミング(カッコよく言えばそうだが、はさみで短く切っただけ)して、底床もやや掃除のために入っているもの出したり動かしたり。
いつものように三分の一ほどの水換えを。

ところでこの水槽は低い位置に置いてあって、しかも高さが21cmしかないので普通のプロホースなんか使えないのだぁぁぁ。で、ホームセンターで買って来た灯油用ポンプ(98円也)を使っています。

排水はを終えて、いざ新しい水を入れたら…
ヤマトヌマエビがもがき苦しんでいる、かなりやばい。かのビーシュリンプ全滅事件の悪夢が蘇るような光景。
やっぱり、水量が少ないと3分の1の換水でもエビにはかなりの負担のようだ。とにかく泳ぎまくるは水槽から脱走しようとするは・・・・
でも、今更 どーしよーもない。
がんばってくれぇぇぇぇ ヤマトの諸君 とお祈りするばかり。
30分ほどしたら、三匹とも底に戻って苔をホジホジし始めたのでちょっと安心。でもかなりショック&ダメージは受けていると思われます。

教訓:エビにやさしい水換えは3分の1でも、新しい水はボチボチ入れる

→次は45cm水槽(ミナミヌマエビ入り)は慎重に致します、ハイ。
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ヤマトの諸君
グーラミィ水槽には何にも入れないつもりでしたが、餌はけっこう底床に散らばるしコケは発生してアヌビアス・ナナは茶苔+髭苔だらけでヤバくなってきたし、ということで昨日は悩みつつ、本日は意を決してヤマトヌマエビを三匹投入することに。
問題はこの水槽の水温 26℃設定のヒーターなのに28℃くらいになってしまうのだぁぁぁ、ということで苔取り能力と比較的高温にもつおい?ヤマトの諸君にお越し願ったのだ。
上手く育つとでっかくなる彼ら、グーラミィに喰われる事もあるまい…とは先の話し。
>←これはビーシュリンプだーね
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 22:08 | comments(2) | trackbacks(0) | -
グーラミー、餌食べません
何でも食べますっちゅーて言ってたのに。
人口顆粒フード(テトラプランクトン) × 口に入れてペッ
乾燥赤虫 × クンクンしてペッ
コリタブ △ 口に入れたよーな?

乾燥イトメ 黄色グーラミィのみ食べました。
おまいら 好き嫌いありすぎ!!
に してはウンチだけはするのね、なに食べてるの!?
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
思いつきで
水槽日記を書くことにした。
でも立ち上げから数ヶ月・・・今更なんで、日付適当に書いておこう。
とりあえず、リアルタイムは1月29日だべ。
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
グーラミィが入居
熱帯魚屋を回って、物色したんだわね。
とりあえず予定のジャーマン・ラムというのとゴールデン・ハニードワーフ・グーラミィちゅーのを。まぁラミレジィというのはどうも挙動不審。水槽の中でプカァーとしとるし。ジャーマンやったらゲルマン民族の血が混ざっとるんか、いやオランダ者のペアやったらメスはダッチ・ワイフ抱擁

結局、グーラミィにしようと思ったけどお目当ての魚 居りません。
写真で見ていたゴールデンなのが居ないというか、なんか身体の柄がちゃうし、黄色に黒すじ入り 目の周りも赤くない・・・子供?、別種??店のにぃちゃんに尋ねてもイマイチ知らないみたいだし、いーや、こいつで。
まだ 子供なんでオス・メスも分からんちゅーし とりあえず2匹。
隣の水槽にはレッド・グーラミィらしき軍団・・・こいつはデカくなるはずなのに黄色と一緒でドワーフで大きくならない種類 といふ。
え? サンセットっいうやつ? これもなんか違ーーーう。
まぁ いいや こいつも一匹 連れて帰ろう。

以上、新小型水槽入居者決定。小さい水槽なんでこれ以上の入居 お断りだな。

アナバスってそんなに慎重に水あわせしなくてもいい…らしい。
(謎) でも やっぱりちょっとは用心しなくては。
発砲スチロールに入れてきたけど、やっぱり外からと自宅水槽では温度差もあるしね。一時間半ほどで(いつもより短い)水合わせ完了し、新宅へチャポンしました。

あ゛っ、やっぱり水流が強すぎた、赤グラ 流されていっている。
まぁ、いーや 筋トレして下さい。そのうち水流対策もしますから。
エアレーションも弱くしておかなくちゃアカンな。
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ