Mojo Club Weblog

ナウでヤングな・・・mojo blog
我が家の住人
 〜コリドラス・ステルバイ〜 
(ステルおじさん&ステルおばさん)



本当は入居者順に紹介したいとこだけど、まぁいいや、写真も撮ってないし。
2004年の9月ごろ近くのホームセンターよりお越しになりました。
青コリさんですっかりコリドラスが好きになり、よく行くホームセンターにこのステルバイが入荷しておりまして。仲良くしていただこうと、雄・雌ペア(のつもりで)購入。一匹(雄らしき?ステルおじさんと命名)はちょっと色が薄いのが気になったけど、雄らしきはこの固体だけだったので連れて帰りました。

色の方は一ヶ月もすると濃くなって(調子よくなって?)結局、現在ではどっちがどっちだか見分けがつきませぬ^_^;

本当にコリドラスは温厚で、どの種類とも争いごとは起こしません。まぁ、餌の時間はコリタブにみんな寄ってたかってドスドス、バキバキやってますが。家に連れてきた時から食欲旺盛、それほど人見知りもせずよく2匹連れなって"餌くれダンス"踊ってます。他のどのコリドラスよりダンスが上手いです。ソロの時もペアの時も常に9.90以上の高得点をマーク。

このお二人はまったく手がかかりませんねぇ、今の所調子を崩した事はないし、餌もえり好みせずなんでもお食べになりますし。飼い主に余計な心配や負担をかけないデキた奴らです。
買ってきた時より一回り大きくなって只今 3.5cm強
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
行方不明人
いやぁ〜、かねてからの問題児三人組
ゼブラダニオ×2 とレオパード・ダニオ×1なんでありますが、一昨日、いつものように水槽を覗いていたら、ゼブラだに夫君が1匹しかいない・・・
え゛? 確か前の晩まではいたよな・・・
小型水槽なんで見落とすはずも無く、居ないとなるとやっぱり飛び出しとしか思えない・・・で、水槽周り 裏の方からフィルターまで(煮干状態であろう)その姿を探したけれど、どこにも発見できず。
もしかして、水槽内でお亡くなり→ヤマトヌマエビに食べられた?
でも、たった一晩で中型のヤマトヌマ君 三人で結構巨大化したダニオ君が綺麗さっぱり食べられてしまうものなんだろーか???

謎は深まるばかりのダニオ失踪事件であった。
因みに、本日は水換えの日なんでもう一度、水槽内(骨姿?)の捜索も兼ねて作業をしていたら、迂闊にも水量 半分も抜いてしまいました。
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
第二章 〜お魚導入編 その1〜
2004年 8月 某日 「いざ行け、決死隊!!」

水槽を設置したのはいいけれど、小旅行に出かけてしまい我がアクアリウム計画は放ったらかし状態になってしまいました。砂利に水に水草ユラユラというだけの虚しい水槽がぽつねんと・・・。
水草入れてフィルター回しても無意味な事は知っておりまする。

が、ここで遂に最初のオサカナ投入です。そーです、所謂パイロット・フィッシュっいうやつ。もしかしたらパイロット・フィッシュを入れて生物ろ過が完成した頃をもって"立ち上げ完了"と言うのかもしれませんが。そこは、それ、とにもかくにも初めて熱帯魚を水槽に入れるんですから。

さて、パイロット・フィッシュとは過酷な状況に晒されるわけですから兎に角、丈夫なサカナをチョイスしなければなりません。討ち死に覚悟の決死隊というわけですな。でもねぇ ただ丈夫と言われてもどなたがどの程度のHP(ヒットポイント)を持っているのやら・・・しかもですよ、お亡くなりになることを"前提に"安いお値段の種類をとか、最初から妙な姿かたちの魚じゃあねぇ とか迷いつつもWebを参考にあっさりネオンテトラに決定!!

ネオンテトラってどこのショップにでもいるので、かねてより予定の一番近いホームセンターへ。10匹でいくらという値札がついていましたので、後々のことも考えず、いきなり10匹袋詰め。夜店の金魚持って帰るのとあんまり変わらんじゃん と思いつつ、用意周到 ちゃっかり用意した発泡スチロールの箱へいれてそそくさ車で帰宅(なるべく安全運転の親心)

よーし、いよいよサカナ投入 最終段階 水合わせだぁ!!
とりあえず袋ごと水槽へ浮かべて温度調節。うーーん、後でバケツに移し変えたらまた温度が下がって意味無いよーな・・・が、それ以上深く考えず20分後には小さなバケツに移してエアチューブポタポタ方式で水合わせ。これも某ホームページに紹介されていたやり方。再三手間をかける事も無いのでベストだな。しっかし、ネオンテトラといえど魚体を上から見るとただのメダカだよなぁ〜。

で、いつしか時間は二時間近く、我ながら入念な水合わせで、いよいよ本水槽に投入・・・ん? 確か持ち帰りの水は一緒に入れないようにしよう ということで、バケツから網で掬ってポチャポチャ投入・・・逃げ惑うネオンテトラと格闘しつつやっと10匹入れ終りました。

・・・うっひひひ、泳いどる、泳いどる。
どや、わが家の住み心地は。(悦に入るワタシ)
兎に角、パイロット・フィッシュという重要使命を担いつつ、10匹のネオンテトラは我が水槽の最初の住人となりました。
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
第一章 〜立上げ編 その4〜
2004年 8月 某日 土曜日午後 「こんどこそセッティングだに」

やっと 一揃いご購入の末、家に到着しました。
先ずは、ガラス水槽の水洗い。風呂場へ水槽抱えてレッツラ・ゴー
ジャブジャブ・・・ジャブジャブ 重っ(*_*;
当然 洗剤などは使ってはなりません。ひたすら流水と手のひらでジャブジャブ・・・だから 重たいってば。(迂闊に傾けると割れる可能性アリ)しかしこの大きさでコレだと60cmだと大変だな。それより大きい水槽ってどうやって洗うんだ?? 
よっしゃー、君はもうピカピカの一年生。次、砂利たれ諸君 キレイ綺麗しようね。バケツに一袋ザラザラ移して(米とぎ要領で)ジャリジャリ・・・ジャリジャリ・・・(-"-) ジャリジャリ、ジャバジャバ・・・(-_-;) ジャリジャリ、ジャバジャバ怒り ひとっつもキレイにならんじゃないか〜!!
一袋(2キロ)一度に入れるんじゃなかった(T_T)
手の皮、ちょっと剥けてるしぃ〜 あともう一袋あるんだよねぇ
内心 ヘコタレながらひたすらジャリを洗い続けるのであった・・・。

・・・と、なんとか一袋半(約3キロちょっと)を洗い終わり、水槽へ。
外側の水滴を拭いた後 水槽台へ設置。別の小さなバケツ(ほんとはゴミ箱)に水+ハイポで飼育水を作って3分の1ほど注入。
「ふっふっふっ、なんとなく水槽らしい姿をしてきたではないか」
悦に浸っている間もなく、水草植え込み開始ぃぃぃ!!
とりあえず水道水でジャブジャブして・・・あじゃ?この鉛のが巻いてあるのどーすんだ??
(なんせ ワタクシはずぶの素人 こんなことも分からなかった)
先ず一つは巻かれた鉛とスポンジを外してみる・・・わっちゃー、見事にバラバラになりおった。こりゃ植えにくい、すぐ抜けて浮いてくるしぃ〜、もうひとつはこのまま植え込んでしまおう。(この鉛は錘のためにわざわざ付いているに違いない、外すんじゃなかった)
・・・と ワタクシ 大きな過ちを犯したまま水草を植えてしまったのでした。

その後は飼育水をジャバジャバと継ぎ足して水槽に書かれた制限まで。
げぇぇぇ、あんなにジャリを洗ったのに水が白っぽく濁っている・・・まぁいいや、フィルター回したら取れるかも。
でもって、フィルター スイッチ オン!
グゴオォォガゴォガゴォ~ 音はすれども水が出てこんぞ?
げっ、最初は呼び水しないとアカンのね、やり直し。
おおおっ、水がジョボジョボとグッド ライトも点けてみました、益々グッド
サカナはまだ泳いでないけど、とりあえずは水槽セッティングできたぞぉーーー!!

浮かれ気分のワタクシはこの後の苦戦を予想だにしなかった・・・つづく。
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | -
第一章 〜立上げ編 その3〜
2004年 8月 某日 土曜日? 「ついにセッティング開始 ブタのケツ〜!!」

待ちに待った、水槽購入後の休日。
当日は朝から水槽設置場所近辺をいそいそとお片付け。
「まぁ、マメだこと、ほんとに嬉しそうねぇ」とのカミさんの声を尻目にかのセット水槽を箱から取り出し、ラックの上に置いてみたり、フィルターを組み立ててみたり・・・。いゃー、なんか楽しいわぁ
因みにこのセット コトブキ工芸さんから発売の幅35僂離ラス水槽に外掛けフィルター、折り曲げ式のライトが入っているものでした。
紙くずがとっ散らかったのでとりあえずそれは片付けて と。

次は中に入れる底床と水草を買いに行っちゃうもんねぇーだ。
ブブブッーッと車でかの地の量販店に出動。
・・・でた。底床はとりあえず店に到着してから気に入ったものを買おうと思っていたけれど、案の定 迷うの何の・・・(~~;)
そりゃ 色々なホームページである程度は調べましたよ、でもね こればっかりは現物見ないと とかお値段も色々でして。 実はワタクシ当初はアクアテラリウム(ハイドロテラリウム)をやりたいと思っていたので「ハイドロサンド」っての買おうと思っていたんです。でも 後々の管理が大変そうで。それでまぁ、ソイルってのはやめておこうと直前になって宗旨変えしてしまったのでした。結局のところ、値段と見た目の折り合いをつけたのがベージュっぽい色の3ミリ〜4ミリくらいの大きさの"ろ過じゃり" (メーカー不明)ろ過効果もそれなりに期待できる? 店内のディスプレイにも使われてるし、水草も上手く植わってるし・・・きーめた!! (←この決断がの大失敗を招くのだぁぁぁ とは後の話)

次は水草っと・・・「あの、すみません 育て易いか、強い種類の水草 三種類くらいもらえませんか?」
さすがに素人のおいらは水草について知識は全く皆無。少々HPで下調べしたところでナニが何だか なもんで、素直に店員さんに選んでもらいまちた。
今にして思えば アマゾンソードとクリプトコリネともうひとつはわかんないですが、うん、確かに適切な選択だったな ナイス店員!
¥198x3也 ビニール袋に入れていただいて そそくさと家路へ・・・

げっ、ズラズラ書いていたらもうこんなに・・・全然セッティングまでたどり着けないな(^^ゞ じゃ、そーゆーことでお持ち帰り後は次回にしよう。
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -
第一章 〜立上げ編 その2〜 
2004年 8月某日 「とうとう、水槽購入」

・・・と言うように、事前にカミさんの了解も取り付け、大手を振って水槽が買えるので、早速会社帰りに大型量販店に寄りました。
大体の目星をつけていたものの、いざ並んでいる水槽を見るにつけ段々と悩んでくるという優柔不断の虫が(^^;)
「コトブキ工芸・・・うーん、多分有名メーカーなだろーな(この時点ではアクアリウム関連の会社なんて殆ど知らなかった)まぁ、これでいいけど問題は大きさだな。30cmにしようと思ってたけどキューブってのもあるな。あれっ?容量がずいぶん違うぞ・・・、奥行き30cmだとちとキツイかぁ おおっとこちらに35cmという微妙な幅の水槽もあるやんけ」という具合。
暫くの間、縦だの横だの見比べてたり、店内を一週回って心を落ち着かせたりと我ながら情けない状態に陥ってました。

そもそも、水槽を買おうと思ったのは"熱帯魚を飼育する"というよりもインテリアになるという何割かの心持もあったのでそれ程大きなものは必要なし と自分で納得していたので、この程度の大きさにとは決めていたのですけどねぇ。
あ゛、勿論 初心者には管理維持という点では60cm規格水槽がお薦めというのは存じておりましたが、スペースから考えて絶対無理。

それでも事前に置く場所を考えていたので、その範囲でできるだけ大きな&見てくれの良いものをということで、えーーい とばかりにW350×D220×H280のセットものをめでたくご購入 いそいそと車に積んで次の目的地へ。

で、到着したのがホームセンター。目指すは水槽台。まさか床の上にベタ置きするわけにもいかずですもんね。これは用意周到 設置場所をメジャーで測りぃの、そのメモを持参して何日か前から水槽台につかえそうなものを物色、再度サイズを確認してサクサクとベストサイズのメタル・ラックを購入。
翌日には組み立てて準備万端なのでありました。
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) | -
アクアリウム 100円ショップのススメ!
その2 100円で探した使える小道具 Part2

プラスチック・トレイ (atプラスチック用品、台所用品)
…網目のものは小物入れに使ってます(^^ゞ
普通のトレイは水がポタポタと落ちるのを防ぐ受け皿に、また取り出した水草の活着やトリミング作業時に。

プラバケツorプラごみ箱 (at生活用品)
…アクアリストにバケツは必須アイテムですが、それなりのものが100円ショップでも手に入ります。特に注ぎ口が付いたものは使いやすいです。
我が家では四角のプラごみ箱をバケツ代わり使ってます。スクエア・スタイルが片付ける時に都合がいいのと、たまたまサイズがちょうど良かったので。

ガラスコップ? (at台所用品/ガラス品)
…5cm角の四角いガラス製のいれもの。小物入れかハイドロカルチャー用のものらしい・・・。小型の植木鉢がなかったので中に大磯を入れて水草を入れてエビの入っている水槽に入れました。よくショップでも見かけますね。
同じようなものがアクアリウム・ショップでも売ってますが値段が…(^_^;)

飾り石 (at飾り小物/園芸用品)
…何となく見つけてしまいました。暇があれば河原で拾ってくればいいようなものですが、100円ショップでプラケースに何種類かの綺麗な天然石が詰め合わせで。色や大きさで何種類かありました。自分の水槽レイアウトに合えば・・・ということで。

飾り石 その2 (ホームセンター園芸コーナー)
…これは100円ショップではありませんが(^^ゞ
アクアリウム専用ショップで売っているものよりはるかに安いです。
これも色、形が趣味に合えば・・・ですが、小さいものだったら50円くらいで。同じようなものが専用ショップで十倍の値段がびっくり
因みに、レイアウトに使える溶岩石もホームセンターのものは安いです。これまた半額以下で見つけられます。ミクロソリウム活着に使ってます。

密封できる香辛料入れ (at台所用品)
…コリタブや乾燥赤虫などの餌入れにGoodです。見てくれもいいしね。
元の袋に残ったものはその袋のほうをしっかり密封して冷蔵保存にしておくとか。

園芸ハサミ/鼻毛切りハサミ (at園芸品、コスメ用品)
…当然トリミングに(水槽から取り出しての場合 小さいはさみは必要)
こんなものは100円ショップで というのは言わずと知れてますよね(^_^;)
他には小型ピンセットも必要に応じて。
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
アクアリウム 100円ショップのススメ!
その2 100円で探した使える小道具 Part1

500佞侶變魅ップ(メモリ付き、取って付き、注ぎ口付きat台所用品)
…ちょっとした差し水、薬や調整剤の調合、一時的魚入れetc...
かなり使えます、というか我が家では必須アイテムになってます。

トング (ステンレス製、通常型〜大型ピンセット様の細身atアウトドア/台所用品)
…掃除時、レイアウト変更の時、飾り石、流木の移動、ゴミ拾いetc...
先がギザギザなんで水草植えには使えませんが、底床の掃除にちょっとモノを動かすなんて時はかなり重宝します。

柄付きスポンジ、柄付きナイロンタワシ(ポットやトイレ掃除用at台所、トイレ用品)
…ガラス面の珪藻程度なら直ぐ取れます。しかも網目付きだと取れた苔が上手く絡み付いて散らばりません。硬いタワシタイプのものだとしつこい斑点藻もコスコスすれば割りと取れます。ただし柄の長さは長いタイプでも高さ30cm水槽が限界かな?

スポンジ各種 (at車用品、水周り品)
…洗車用スポンジが高品質ろ材になるというのは有名な話しですね。普通の掃除にも使えます・・・が、最近は"抗菌処理"というものが多くて これは使えませんから要注意です。

排水口用ステンレス製 小型網蓋(at台所、水周り用品)
…凹んだ側に乾燥イトメを入れて給仕に使う。すると直ぐに散らばらず、小型カラシン類からコリドラス、エビにまで餌(乾燥イトメ)が行き渡り、皆仲良く?イトメにありつけます。
文章で書くと解り辛いですけど、排水口にはめ込んでゴミをこし取るもの。実は他のHPでの使用例をみて早速実践したんですわ。大成功!!

キッチンペーパータオル (at台所用品)
…別に100円ショップでなくてもいいんですが、ティッシュのように水に濡れて破れカスがでたりしないし、水を拭き取る他 大変重宝。我が家の台所にありますが、水換えの度に拝借しているとカミさんに睨まれるので、時々は自分で購入して使った分くらいは補給しておきましょう(^^ゞ

とりあえず、第一弾デシタ
 
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
悲しいお知らせ
オレンジ・ドワーフグラミー(?)さん逝く

我が家へ来て二週間あまりの短いお付き合いでした。
一昨日までは特に変わった所も無く普通に生活していましたが、昨日の夜、餌の時間でも底のほうにフラァ〜と佇んでいて、二時間後にはお亡くなりになってしまいました(T_T)
他のグーラミィより、餌もしっかりと食べていたんですけどね。ご遺体を観察して お腹がちょっと膨れていたので(腹水?)エロモナスも疑ってみましたが、原因不明の急逝でした。

一昨日は4分の1程度の水換えをしましたがそれでも慎重に行ったんで水質変化でもないと思うんですけどね(エビはへっちゃら顔だったし)
原因が分からないというのはちょっと不安だし、一匹だけでも☆にさせてしまうと、ちと凹みます。

とにかく、ワタクシの不徳と致す所であります。


悲しい知らせといえば・・・

元トラフィックのジム・キャパルディさん、そして今月に入ってソウル系オルガニストのジミー・スミスさんがお亡くなりになりました。
合掌
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | -
水槽 今日の出来事
しょの一 〜遂に恐怖の大王 降臨〜

出ましたよ、藍藻ってのが。
昨日の夜 発見しちまいました。ヒビりました冷や汗
立ち上げから半年以上、ココ最近は水質も安定期に入ったのかなぁ〜、水も結構透明だし、多めに水換えしても白濁も起こらなくなったし、とか我ながら安心、水槽を眺めて自画自賛、元気なサカナを観てご満悦・・・と いきなり底床とガラスの間にあの薄っ気味悪い青緑の物体が あ゛あ゛あ゛。
同じく黒っぽい物体も。(コチラは珪藻と思っていたけど実はこれもヌメヌメ藍藻らしい) 熱帯魚店でも時には目にした極悪藍藻。多くは細かい砂やソイルなど通気/通水性の悪い場合に多く見られたので、対岸の火事程度しか思っていなかったのにぃ、まったく、ひぃーーーざんす。

今回の水換えは軽く済まそうと思っていたのに、思いっきり手間のかかる掃除をすることになっちゃった。しかも、あまり日を空けず換水してとにかく藍藻の欠片も全て排出に務めなければならんそーで。
でも、フィルターから水草の間やら 絶対無理のよーな気もする。

教訓:天災は忘れた頃にやって来る (実感)

しょの二 〜ネオンテトラ ご懐妊!?〜

雌(らしき)一匹のネオンテトラのお腹がぷっくりと膨れている。
いつも大食漢でクソ○ブなネオンテトラだけど、他の大喰らい仲間より明らかにまん丸だ。おまえはフグか!?
その雌ネオンの跡を執拗に2匹ぐらいの雄がつけ回しているので、やっぱり怪しい。前にも同じような事が起こってクソ○ブ・ネオンテトラが出現し二、三日後には元のデブ・テトラに体型が戻っていたので 多分 どっかに卵産み落としたのだろうと推察しております。
その時は 他の雄同士の争いも見られたけど…まぁ、おいらは素人なんでネオンテトラの繁殖行動がどんなものかは知りませぬ。
なんにしても、ネオンテトラは普通の水槽環境では繁殖がかなり難しいとのことなんで子供が生まれてビシバシ増えるとは到底 あり得ません。
ただ生まれた卵は他の魚の美味しい餌になってくれた方がこの空間では宜しいのであります。
何にしても超○ブになったテトラさん、それ病気じゃなくて卵だよね、早めに産んで楽になってくださいな、と親馬鹿にも似た心境(^^ゞ
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ