Mojo Club Weblog

ナウでヤングな・・・mojo blog
ダメダメな日々。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

仕事と生活と、人生にちょっとバテた。

 

だめ

 

 

| もじょきち | あほくさDiary | 06:57 | comments(2) | trackbacks(0) | -
ごはんですよ!。

JUGEMテーマ:グルメ

 

久しぶりに晩ご飯を作った。

 

とっても気力、体力と時間を消耗しました。

仕事も溜まっています。

 

阿修羅のごとく

 

これだと時間が三分の一に短縮できる。

 

| もじょきち | あほくさDiary | 07:03 | comments(2) | trackbacks(0) | -
『Their Greatest Hits 1971-1975』 Eagles
評価:
イーグルス
ワーナーミュージック・ジャパン
コメント:コカ・コーラを飲みながら聴く が青春。

JUGEMテーマ:音楽

 

"何をいまさら、Eagles" な感はあるけれど(私達のような者にとって)、ネットニュースでは、このベスト盤が米国内でアルバム売上 第一位に返り咲いたそうで。

 

売れ続けるってことは、爺婆の懐古趣味ではなく、一世代、二世代後の人達なり、現在の若者?にも、支持されているってことだろうね。

多少の話題があったにしても、別にツアーをしまくっているわけでも、あえて大掛かりな宣伝しているわけでもなさそうなので、その媒体がCDにしろネット配信にしろ、純粋?に"音楽"として親しまれているってことだろうな。

 

世界的にも売れているのだから、その音楽はもはや無形文化財であり世界遺産の域に達する・・・とか。

 

このアルバムは『Hotel California』以前の編集なので、このベスト盤と『ホテル〜』を買えば、イーグルスは完了する・・・気もしないではないけど。

 

おいらは、二枚組のライブ盤までは、全てレコードを揃えてたけど、CDでは『呪われた夜』以降の4枚のオリジナル盤と、あとから出たコンピを買っただけで、初期の3枚は買い替えなかった。ので、おいらもやっぱり、このオリジナルベストを買えばよい候補の一人です。

| もじょきち | なんだかMusicReview | 07:26 | comments(2) | trackbacks(0) | -
Nightmare。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

最近、悪夢をよく見る・・・。

悪夢というより、黒夢っていう感じだ。

 

最悪な事に、寝言まで言っている。ろくでもない寝言。

僕ちん、大丈夫かな、、、

 

Nightmare2

                                           出典:Stockvault.net

 

 

 

 

Nightmare1

                                                   出典:Stockvault.net

| もじょきち | あほくさDiary | 05:55 | comments(2) | trackbacks(0) | -
明日への希望。

JUGEMテーマ:ボヤッキー

 

 

気力・体力ともに衰えを感じ・・・。

 

そりゃ、まぁ、歳喰えばそうだけど。

 

歳喰ったら、怒りの感情は減らないくせに、感動は薄れる。そんな訳で、無駄に歳喰って、無駄に生きていると「老害」と言われるようになる。そんな気がする。

 

 

だぁー

 

どわぁぁぁぁぁ〜

| もじょきち | あほくさDiary | 07:08 | comments(2) | trackbacks(0) | -
刻石流水。

JUGEMテーマ:時事ニュース

 

先日、行方不明の子供をみつけたボランティアの爺様の座右の銘が「かけた情けは水に流せ、受けた恩は石に刻め」ということらしい。争いが絶えない人の世の中で、言われ続ける教訓である。「情けは味方、仇は敵なり」

 

しかし、「人の命は地球より重い。」というのには、個人的には賛同しかねる。確か、昔、福田首相がハイジャック事件の犯人の要求に応じた際に使った言葉でもある。

 

単に「かけがえのない命」を表そうとした言葉 とは思うが、何故、地球と比較するのか? 命を何かと比較するというのが、まずおかしい。命に質量があるならば、計り比べることも可能だろうが。

 

いや、個人的には、人間には人間社会における存在価値の大小はあると思っている。それが=命の価値とまでは飛躍できないかも知れないが、≒ くらいには思っている。社会というものがなければ、命には重いも軽いもない。人の命もゴキブリの命も同じであるし、地球の重さの喩えが価値を示すなら、一人の命より、地球の方が大切に決まっている。(地球がなくなれば、全てが終わりだもの)

但し、それらは(観念的)命の大切さとは別の問題だ。

 

 

たすけて

 

「お願い、たすけて・・・。」

「ダメ、生肉定食」

| もじょきち | しょーもなColumn | 06:14 | comments(2) | trackbacks(0) | -
Aretha Franklin。
評価:
ARETHA FRANKLIN
ATLAN
¥ 510
コメント:「ソウルのお嬢様」

評価:
ARETHA FRANKLIN(アレサ・フランクリン)
Warner Music
¥ 1,836
コメント:すんばらしい!!

JUGEMテーマ:時事ニュース 

JUGEMテーマ:音楽

 

 アレサ・フランクリンが亡くなった。ということを全国ニュースでも結構時間を割いて報道していた。

 

アメリカはともかく、日本でそれほどの知名度・人気があったのだろうか? と世間に疎いおいらは思ったけど。

 

ニュースでは「ソウルの女王」と紹介されていたけど、初期? は「レディ・ソウル」だったのになぁ〜

そのころと言うか、'60年後半から'70年代の前半アトランティック時代のアレサが、まさしくアレサ・フランクリン「ソウルの女王」の実績だとは思うんだけど。その後はまぁ、何と言うか貫禄ってことかなぁ。"ゴッドねぇちゃん" みたいな。

 

「ブルースの女王」は淡谷のり子でよかったかしら。

 

| もじょきち | なんだかMusicReview | 07:46 | comments(2) | trackbacks(0) | -
現国 「もう、あかん。」

JUGEMテーマ:妄想

 

「わし、ずるいな。」

亮平は彼女が車から降りた後、独り言を言った。

 

「せやけど、しゃあないがな。」

今度は心の中で呟いた。

 

「最初っから、分かってることやないか。」そう思いながら、彼女には言葉を選びながら話す。

しかし、その慎重さが狡いことなのだ。

「悪いのはわしや。」そう言葉にしながらも、自分には非はないと説明していたようなものだった。

彼女は初めは懇願するような事を言っていたが、亮平の言葉に次第に口数が減っていく。

「ゆうとくけど、わし、お前に嘘はついてへんで。」

こんなセリフが一番 狡い。

 

「どしても、そうなん?」

多分、彼女が最後に声に出した言葉だったと思う。

彼女は最後まで「何故?」とは言わなかった。

「そうやろ。」

 

その後、二人は沈黙したまま車を走らせた。彼女を家まで送り届ける。

黙って車を降りたのか、「おやすみ」くらいは言ったのかそれさえももう、覚えていない。

彼女は足早に車から離れていく。

「わし、ずるいな。」

今更、自責の念にかられても仕方のないことだった。

 

Bye-Bye 出典 :tenor.com

 

問題:

設問1 彼女が懇願するような事とは何か、二人の関係と状況を踏まえて答えよ。

 

設問2 亮平の「せやけど、しゃあないがな。」は、何故、言葉に出さず心の中での呟きになったのか答えよ。

 

設問3 彼女は「何故?」と最後まで言わなかったのか、彼女の心境を計って示せ。

| もじょきち | あほくさDiary | 06:36 | comments(2) | trackbacks(0) | -
素敵なおっちゃんシリーズ 「Fly Me To The Moon」

JUGEMテーマ:音楽

 

おいらのここ数年 大好きになった曲「Fly Me To The Moon」

今更なんだけど、何故か好きでたまらない、歌詞もうろ覚えなのにやたらと口ずさんでる。

 

ギターもどう弾けばいいのかイマイチなんだけど、弾いてる。

 

 

おっちゃんというと可哀想だが、この動画はもう5年前。

HPもある人だけど、プロという訳でも無いよう。

簡単なコード進行での弾き語り。

でも、すごくお気に入りです。

 

 

 

おつちゃんじゃないけど、、、ついでに。

このカバー自体もいいけど。

2人がとってもいい。はっきり言って羨ましい。

にいちゃんのギター Taylor

 

| もじょきち | ホレ出たYouTube | 06:31 | comments(2) | trackbacks(0) | -
堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ。

JUGEMテーマ:お習字

 

 

死して屍

 

| もじょきち | 本日のお言葉 | 07:47 | comments(2) | trackbacks(0) | -
なんだか変態シリーズ 「風物詩」

JUGEMテーマ:変態

 

なんか 知らん間にお盆休みも終盤・・・。

 

そして、夏は終わっていく。

 

 

サンバ

 

夏だ! サンバだ!! カーニバル♪

 

| もじょきち | くだらなpicture | 08:02 | comments(2) | trackbacks(0) | -
現国 「鷽(ウソ)。」

JUGEMテーマ:妄想

 

「私は人を愛する資格なんてない。」

彼女は少し顔をそらせて、うつむき加減に言った。

下手に泣き顔を作られるより、嘯いたようなその表情の方が彼女らしい。

 

僕はその表情を確かめながら、極めて冷静に口を開く。

「人を好きになったり、愛したりするのは、君の自由だよ。」

 

僕はここで一呼吸おいた。

彼女はうつむいたままだ。首が少しだけ揺れている。

感情が昂った時の彼女の癖だ。

 

「だけど、それを言うのなら、君には人に愛される資格がないということだろう。」

彼女は無言。

僕は続けた。

「僕は君を責めるつもりはない。けど、君とのあの約束はもう守れないよ。」

 

ほんの少しの間があって、彼女は更に顔をそむけたかと思うと、僕とは反対の方へ小走りに去って行った。

もう、薄暗くなった道。闇に紛れる彼女の背中を見ながら「お前が悪いんじゃないか。」

自分の心を握りつぶすように、僕はそっと呟いた。

 

さよならだけが

 

 

 

 

 

 

問題:

設問1 僕と彼女の関係性を推察し、「君とのあの約束」とは何だと思われるか答えよ。

 

設問2 「お前が悪いんじゃないか。」との僕の言葉は、彼女のことか、僕自身に向けた言葉のいずれかを答えよ。

 

設問3 設問2の答えに対し、その根拠を述べよ。

| もじょきち | あほくさDiary | 00:27 | comments(2) | trackbacks(0) | -
一寸の虫にも五分の魂。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

この諺の本来の意味は、弱者を侮ってはいけない という戒めなのだが、どうにも、強者が弱者に対する憐みの感情というような単純に強者目線というか、そんな使い方をされているようにも思う。

 

反対の立場から言えば、弱者にもそれなりの面目があり、意地があるということだ。社会的立場の強弱は比較的分かり易いけれど、精神的優位性は、はっきりとは計れない。

 

人間も一寸の虫とさして変わらないけれど、五分の魂なり己の一分があるということだ。だけど、それが悩みの種になるんだよぉ〜

 


見逃してやる

 

「今日のところは、見逃してやるぜ。」

 

 

 

 

| もじょきち | あほくさDiary | 08:10 | comments(2) | trackbacks(0) | -
素敵なおっちゃんシリーズ 「Still Got The Blues」

JUGEMテーマ:音楽

 

 

YouTubeを見ていると、とっても素敵なミュージシャンが登場する。とは言っても、ストリート系とかユーチューバーとかその手の人達だ。どっかの国の誰だか知らねど、素晴らしい演奏や歌を聴くと凄くいい気持ちというか、得した気分にもなるんだよ。

 

以前、クロアチアの一人バンドマンのおっちゃんを紹介したけど、今回はこちら。

 

 

 

どこの人だか??? だけど、こういう感じ むっちゃ好き。

本当は こうなりたかった… 技術的には無理だけど。

さて、このイカしたおっちゃんのお題は

ゲイリー・ムーアの泣きのブルーズ・ナンバー

「Still Got The Blues」

| もじょきち | ホレ出たYouTube | 08:02 | comments(2) | trackbacks(0) | -
ジムニー。

JUGEMテーマ:日本の名車

 

20年ぶりにフルモデルチェンジされたという、スズキ・ジムニー。軽自動車ながら(シエラ除)、本格的クロカン四駆ということで、その武骨な外観(三代目は少し乗用車ライクにはなったが)と共にファンの多い車。

 

本格的オフロードカーとして、、、とは言っても、そんな使い方する人は殆どいない・・・ので、普通に乗用車として使う為に? 現在的燃費性能だとか、各種安全装置だとか そんなもんがいっぱい付いている。

 

特殊であって、特殊でないくるま。お値段も特殊だったけど、イマドキは当たり前の値段かな。だけど、この手のくるまは、普通の軽自動車より、ランニングコストがかかる。・・・ので、この手のくるのを街乗りにするのはオシャレっぽくもあるけど、その辺は考えた方がいいぞ、、、と。

 

今のジムニーは知らないけど、軽の腰高のくるまは、なんか酔うから、おいらは要らない…。

 

四駆

 

エコ 四駆

 

 

| もじょきち | なにげにImpression | 07:15 | comments(2) | trackbacks(0) | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ