Mojo Club Weblog

ナウでヤングな・・・mojo blog
<< 今年も秋の気配 | main | Mojo的 日本の名車シリーズ 「ホンダ シティ・ターボ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
大河ドラマ 「水野 勝成」
JUGEMテーマ:戦国武将

大河ドラマというと、有名どころの戦国武将(大名)ものが人気の主流だけど、大体は出尽くした感ありで。そこで、大名に仕えた賢い家臣にスポットを当てたものも出て来た。『風林火山』(山本勘助)、『天地人』(直江兼続)、『軍師 官兵衛』(黒田孝高)なんかである。

近年は"歴女"やら"おもてなし武将"やらなんやらで、ちょっとした戦国時代ブームらしいが、おらが国さの武将も大河ドラマ化にという運動もそこここにある様子。

だったら、おいらは絶対、水野 勝成を推す。
戦国好きにも多分マイナーな名前かも知れない・・・なんだが、とにかくこの人の歴史のドラマチックさはハンパない。「誰やねん、それ。」と思われるであろうから、ウィキペディア でも読んで頂ければ。(歴史通・戦国時代好きには納得してもらえると思う)史実がとんでもない。大河ドラマは面白くする為?の脚色が多いが、そんな必要はない。しかし、水野勝成は行方不明の時代もあって、その余地まである。

戦といえば、武田勝頼相手から島原の乱まで出陣。武勇も加藤清正やら、福島正則なんぞを凌駕しているのではなかろうか。出奔、食客つまりは遁ずらこいたり、ニートだったり、フリーターしたり。この自由さは前田慶次の比では無い。名刀から神仏までかっぱらう無道ぶり、梟雄たちもびっくり。関わりのある武将、人脈もとてつもない。とにかく話題には事欠かない人物なのである。再来年の『真田丸・真田幸村』の次に是非!!
 
突撃
朝鮮出兵・突撃
| もじょきち | しょーもなColumn | 21:14 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:14 | - | - | -
ネットでみましたが、すげえ武者ですな。庶子をきちんと2代目にするところも凄い。
| やす | 2014/10/08 5:43 PM |

やすさん、ども。

でしょ。やっかい先の女中に手を出し、でも奥さんに迎え・・・。無茶しながら筋は通す男の中の男感。
| もじょきち | 2014/10/09 6:16 AM |










http://mojoclub.jugem.cc/trackback/846
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ