Mojo Club Weblog

ナウでヤングな・・・mojo blog
<< 我が家の住人 | main | 熱中症 >>
もぞきち的 スカーレット・ジェムの飼い方
スカーレット・ジェム2匹
原産:印度(人もびっくり)
サイズ:2cm〜3兌
水温:25℃〜27℃くらい
餌:基本的に生ものしかお口に合わないらしい

飼育環境
普通に飼えると思うけど、泳ぎ方や習性上 流木や岩、水草など隠れ家というかジェムさんがウロウロ出来る散歩道が必要。ホバリングして水草の裏やら流木の陰やらをジーーーッと見つめる。だもんで強い水流は苦手っぽい。

あまり紹介されていないけど、寝るときはネオン・テトラ以上に底の方の物陰で完璧に寝込む。初めて寝姿を見た時は死んでいるのかと思った。流木の隙間でほぼ横たわっていて暫くの間ピクッとも動かないんだもん。


餌の事は前に書いたけど、人口餌による餌付けはむずい。成功した事例もあるらしいけど、とりあえず冷凍赤虫、冷凍ブラインでOK
手間隙かけられる人はブライン湧かすor生イトメなど生餌のほうがお喜びでしょう。(我が家ではしてないから予想)因みに冷凍赤虫はスカーレット・ジェムにはややサイズが大きすぎて食べるのに難儀している模様。喉につかえそーだけど、中身だけチューチューして皮をペッと吐き捨てる場合あり。
裏技というか荒業だけど、我が家では同居のミナミヌマエビがいっぱい産卵するのでその稚エビが美味しく頂かれている。

水質
極普通に弱酸性〜中性らしい。
所によっては水質に敏感とも書いてあるけど、我が家ではそうでもない?
派手に水換えしても調子を崩した事も無く、結構丈夫っぽいぞ。但し、濾過がある程度出来ている場合に限る事かもしれないケド。水換えの際、テトラやらコリドラスは逃げ惑い パニックになることもあるけど、ジェムさんは平気のへの座 肝も太いのだぁぁぁぁ

混泳
ご本人がちっちゃいので、ネオンテトラやコリドラスのような相手を攻撃しない魚とならOK 自らが他の皆さんにちょっかい出すことはない。
但し、同種ではやや縄張り意識がある。
ほぼ低層にいる というか物陰、岩や水草に沿って行動していて、背の高い水草があればそれに沿って上まで登ってくるけど、中層以上をヒラヒラ泳ぐことは殆ど無い。綺麗な魚だけど 水草生い茂ってたらお姿を見つけられなくなるかもよ。

おことわり
ここで書いてることは、このもぞきちの飼育経験による事例です。
100%信じてはなりませぬ(^^ゞ
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:36 | - | - | -









http://mojoclub.jugem.cc/trackback/40
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ