Mojo Club Weblog

ナウでヤングな・・・mojo blog
<< てきとーアクアリウム的 ろ過について その1 | main | 勝手に親近感 >>
えびの悲劇
大殺界ぎみの我が水槽にまたしても悲劇が起きてしまいました。
というより、不肖 このもぞきちの人的要因でありますが。

昨日 さぼったメイン水槽の水換えを本日行ったところ・・・
排水したバケツの中にピロピロうごめく物体発見
「げげっ、水ミミズかぁ」とドギマギして目をこらしてみますと2ミリにも満たない小さな稚エビ。
メイン水槽で飼っているミナミヌマエビの子供さんたちでした。
よく見ると何匹もいる・・・はっきり言って困りました。くみ出した汚れた水を戻すわけにもいかず、網で掬っては見ましたがエビは掬えずバケツの中のゴミばかり。それでも何匹か掬って水槽に戻してはみたものの そこにはネオンテトラやその他大勢が待ち受けているのでした。

ある程度の大きさ(3ミリ程度)のエビでも水槽に入れた途端、スカーレットジェムがいつもの倍のスピードでやって来て「パクッ!」
元々 混泳水槽なんで卵や稚エビは食料になってしまうだろうと思っていましたが、今まで生き延びていた彼ら達をわざわざ餌にしなくても・・・とちょっと自己嫌悪。

しかもバケツの中に残っていたであろう極小の何匹かはどうする事も出来ず、結局排水口に流してしまった・・・むっちゃ自己嫌悪。

気になって外掛けフィルターを覗くと そこにも小さなエビ2匹。
あ゛ーーーー、フィルター掃除しようと思っていたのに。
スポンジを少し洗って元に戻しましたが、彼らはこの先 こんなところで生きていけるのだろーか? 自らの悪行を省みず下手な心配してみたり。

この先 何匹のエビが水槽内で生き延びるかは分かりません。全部食べられちゃうかも知れないし。でも、暫くの間 このメイン水槽の水換えは出来るだけ上澄みの交換だけにしておこうと思うのでした。

エビさんたち ホント ごめんなさい。しょんぼり
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 16:07 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:07 | - | - | -
おこんばんは

あまり自分を責めるのはやめましょう
どうしてもと言うなら、僕が「やいと」をやってあげてもいいよ(^^)

僕も同じような経験がありまふ
魚介類じゃないけど、数十匹のカタツムリを飼ってる時(爆)、葉っぱを替えてあげようと思ったら、裏に直径2ミリくらいのミニカタツムリがびっしり! 一人前に、もうカタツムリの形になってるのですよ。
気がつかずに数十匹(推定)、排水溝に流してしまったのでした。
デンデンムシさんたち ホント ごめんなさい。
| 海老天 助三郎 | 2005/03/21 4:53 PM |

海老天 助三郎さん はじめましてっ!!
ちゅーことにしておきまして。

カタツムリさんは残念なことになりましたねぇ。小さくてもカタツムリ。最初は殻が無くてナメクジで生まれてきたら 即 塩漬け攻撃されてしまうのでしょーか?

かく言う ワタクシ エビさんは可哀相と嘆きつつ、水槽のお邪魔虫のスネール(小さな巻貝)をなんとも思わずポイと捨てる極悪非道さを持ち合わせております。
| もじょきち | 2005/03/22 11:01 PM |










http://mojoclub.jugem.cc/trackback/35
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ