Mojo Club Weblog

ナウでヤングな・・・mojo blog
<< 第一章 〜立上げ編 その4〜 | main | 行方不明人 >>
第二章 〜お魚導入編 その1〜
2004年 8月 某日 「いざ行け、決死隊!!」

水槽を設置したのはいいけれど、小旅行に出かけてしまい我がアクアリウム計画は放ったらかし状態になってしまいました。砂利に水に水草ユラユラというだけの虚しい水槽がぽつねんと・・・。
水草入れてフィルター回しても無意味な事は知っておりまする。

が、ここで遂に最初のオサカナ投入です。そーです、所謂パイロット・フィッシュっいうやつ。もしかしたらパイロット・フィッシュを入れて生物ろ過が完成した頃をもって"立ち上げ完了"と言うのかもしれませんが。そこは、それ、とにもかくにも初めて熱帯魚を水槽に入れるんですから。

さて、パイロット・フィッシュとは過酷な状況に晒されるわけですから兎に角、丈夫なサカナをチョイスしなければなりません。討ち死に覚悟の決死隊というわけですな。でもねぇ ただ丈夫と言われてもどなたがどの程度のHP(ヒットポイント)を持っているのやら・・・しかもですよ、お亡くなりになることを"前提に"安いお値段の種類をとか、最初から妙な姿かたちの魚じゃあねぇ とか迷いつつもWebを参考にあっさりネオンテトラに決定!!

ネオンテトラってどこのショップにでもいるので、かねてより予定の一番近いホームセンターへ。10匹でいくらという値札がついていましたので、後々のことも考えず、いきなり10匹袋詰め。夜店の金魚持って帰るのとあんまり変わらんじゃん と思いつつ、用意周到 ちゃっかり用意した発泡スチロールの箱へいれてそそくさ車で帰宅(なるべく安全運転の親心)

よーし、いよいよサカナ投入 最終段階 水合わせだぁ!!
とりあえず袋ごと水槽へ浮かべて温度調節。うーーん、後でバケツに移し変えたらまた温度が下がって意味無いよーな・・・が、それ以上深く考えず20分後には小さなバケツに移してエアチューブポタポタ方式で水合わせ。これも某ホームページに紹介されていたやり方。再三手間をかける事も無いのでベストだな。しっかし、ネオンテトラといえど魚体を上から見るとただのメダカだよなぁ〜。

で、いつしか時間は二時間近く、我ながら入念な水合わせで、いよいよ本水槽に投入・・・ん? 確か持ち帰りの水は一緒に入れないようにしよう ということで、バケツから網で掬ってポチャポチャ投入・・・逃げ惑うネオンテトラと格闘しつつやっと10匹入れ終りました。

・・・うっひひひ、泳いどる、泳いどる。
どや、わが家の住み心地は。(悦に入るワタシ)
兎に角、パイロット・フィッシュという重要使命を担いつつ、10匹のネオンテトラは我が水槽の最初の住人となりました。
| もじょきち | 昔のおとと日記 保存版 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:06 | - | - | -









http://mojoclub.jugem.cc/trackback/28
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ