Mojo Club Weblog

ナウでヤングな・・・mojo blog
<< 未練。 | main | ロックを聴け!! >>
ホントに泣けた曲 part3 「あざみの歌」 伊藤 久男

JUGEMテーマ:音楽

 

いきなりな選曲でしょうが、確かに泣きました。

学生時代かな、音楽を聴きながら寝るのが日常で。音が漏れないよう、FMを聴きながらヘッドホンつけて寝てました。

そのままつけっぱなしで、朝方、多分・・・伊藤 久男の特集でもしてたんでしょうね。何か夢を見ながら、伊藤 久男の曲が耳に入って来たよーな、夢うつつなかんじで。

どんな夢だったか、全く覚えていないのですが、その音楽と相まって、悲しくて、切なくて、泣きながら目が覚めました。後にも先にも、そんな経験はなく。ただ、あまりに印象深く刻まれたそれらの曲は伊藤 久男ということだけは分かったので、その後、ずっと気にかかっていたのですが、その体験から20年近く経って 伊藤 久男のCDを買ったのでした。

 

 

 

 

| もじょきち | ホレ出たYouTube | 07:04 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 07:04 | - | - | -
いい思いでじゃないですか、私か最初に泣いたのは野生のエルザのボーンフリーですよ、多分、親の前で泣けず、シングル買って一人でこつそり。
| やす | 2018/06/24 9:55 PM |

やすさん、ども。

映画音楽にも沢山の思い出、思い入れがありますが、ワタクシは『華麗なる賭け』に使われたミッシェル・ルグランの「風のささやき」にジーンとしてました。
| もじょきち | 2018/06/25 7:02 AM |










http://mojoclub.jugem.cc/trackback/1283
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ