Mojo Club Weblog

ナウでヤングな・・・mojo blog
<< ずるい。 | main | ホントに泣けた曲 part1 「Days Like This」Van Morrison >>
『The Eyes Of An Only Child 』 Tom Jans
評価:
トム・ヤンス
コメント:ケムンパス

JUGEMテーマ:音楽

 

トム・ヤンスでやんす。でお馴染みのトム・ヤンスのセカンド・ソロ。

ここの所、YouTubeから最近のSSWを取り上げていたので、原点と言うか、ルーツというか そんな人を。

そんなにメジャーではない(と 思う)けれど、その道のファンにはSSWの傑作とか、名盤とかの誉れが高い。

・・・のだけれど、

おいらはこの人そのものに惹かれたわけではなく、プロデュースがローウェル・ジョージで、ジェシ・デイヴィスやデヴィッド・リンドレイなんかが参加していて、バックを務める面々も嗜好に合った人たちが勢ぞろいで・・・というところでありまして。

 

かといって、ローウェルがスライドギターを弾いている訳でも無く、ローウェル感というか、枯れた感じの方のリトル・フィートっぽい訳でも無く、ましてや、これぞトム・ヤンス というようなアーティスト的押しも感じられず。悪くもなく、嫌いでもないけど、勝手な思い込みにより、素材の味を吟味するに至らず聞き流していた、、、というのが正直なところ。

 

日本盤のレコードも出ていて、CDも再発を繰り返しているから、やっぱ名盤なんかなぁ。邦題は『子供の目』で原題は『The Eyes Of An Only Child 』なんだけど、"An Only" の部分はどうしたんだろう? "一人っ子" って意味じゃないのかな? タイトル曲の歌詞をみても無いからわからんけど。

因みに「やんす」は、かのケムンパスが使っていた言葉でやんす。

| もじょきち | なんだかMusicReview | 06:05 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:05 | - | - | -
ヤンス氏はジャケ写真はかっこいいけど、地味ですね、シンガーソングライターの典型ですね、こんなメンバーだつたんですね、聞くべし!
| やす | 2018/06/20 7:31 AM |

やすさん、ども。

ヤンスさんは、やっぱり この一枚で十分かな…。バックメンバーが凄いのも これだけかも。
| もじょきち | 2018/06/20 6:40 PM |










http://mojoclub.jugem.cc/trackback/1277
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ