Mojo Club Weblog

ナウでヤングな・・・mojo blog
<< Don’t Look Back In Anger | main | 本当の意味。 >>
『下天は夢か』。

JUGEMテーマ:戦国武将 

 

先日 (5月26日)、作家の津本 陽が亡くなった。

おいらは この人の歴史小説が好きだった と言う割には、代表作『下天は夢か』を読んでいないのだが。

 

戦国史関係では、織田 信長を題材にしたものが多い。直接的ではなくても、その周辺の武将などを描いている。フィクションであっても、かなり史実に基づいた話の展開で、細やかな描写も歴史好きな者は引き込まれる要素かな。

 

(戦国)歴史小説には、圧倒的に登場回数が多いのが、織田 信長だろうけれど、その信長の話をどう書いているか、色々な作者を読み比べるのも楽しいのではあります。

おいらの最初の信長小説との出会いは、坂口安吾の『信長』だったな。

 

| もじょきち | あほくさDiary | 09:17 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:17 | - | - | -
この部門では童門さんと二大巨匠ですな、僕も代表作は読んでないです、今本棚見たら本能寺の変がありました、合掌
| やす | 2018/06/10 7:47 PM |

やすさん、ども。

童門冬二氏も90歳になるんですな。最近まで歴史番組でも姿を見ましたが。
| もじょきち@仕事場 | 2018/06/10 9:57 PM |










http://mojoclub.jugem.cc/trackback/1269
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ