Mojo Club Weblog

ナウでヤングな・・・mojo blog
<< バカ殿とはダメダメな社長のことである。 | main | 君君たらずとも 臣は臣。 >>
馬鹿だから駄目なのか? いいや、そうではあるまい。

JUGEMテーマ:歴史

 

前回はバカ殿列伝みたいなのを書いたけど・・・。

 

この度は 徳川慶喜です。ご存じ 徳川15代 最後の将軍です。但し、バカ殿というよりは、ダメ殿です。個人的には、最強にダメな殿様と思ってます。こんなにダメな人が大河ドラマになったこともあります。

 

慶喜さんという人は、水戸家出身、一橋家を相続、後に徳川将軍家となった人です。慶喜さんは、馬鹿どころか才知溢れる人物で、かの時代の難局を乗り切るには、英明な慶喜を将軍にすべしと島津斉彬や阿部正弘にも"思わせた"人物です。

 

確かに暗愚ではなく、それなりに頭は良かったようですが、その頭の良さが中途半端というのか、理屈をこねるけれど実行力に乏しいというのか、その屁理屈・小理屈が二枚舌だったりとか、まぁ 組織のトップにしてはいけないタイプの人物だと思うのです。しいて言えば、ナンバー2あたりのポストあたりなら、力を発揮できるのではないかと。

 

慶喜さんは、徳川宗家は継ぐけれど、将軍にはならないと訳の分からないことを言いつつも15代将軍の座に就きます。就任当初はそれなりに功績も上げましたが、戊辰戦争以後がいけない。

 

最たるものは、軍艦 勝手に乗っ取り大坂城とんずら事件で、これには皆が唖然・呆然としました。もう一度言っておきますが、彼の元々の役職は「(征夷大)将軍」だった筈です。その後、旧幕臣や旧幕府派諸侯が右往左往する大変な時期に謹慎と称して、寺なんぞでボーッと過ごし、政治の事には無関心を装い、旧家臣の困窮も顧みず、趣味の写真を撮りまくったりして過ごしました。にもかかわらず、後には のこのこと天皇に拝謁し、貴族院議員に就任し、公爵様となると徳川慶喜家なんぞを興しました。なんでそんなものこさえたのか? 暇に任せて子作りに励んだからです。(結果はろくなことになっていない)

 

幕府の、そして徳川家の犠牲者とも言える 松平容保は慶喜に対する恨み言を詩に残しています。(容保は本来、そんなことを言うような人ではなかった。)

 

まぁ、慶喜さんは徳川家だとか将軍とか、幕末動乱期だとかのせいでクローズアップされているだけで、この手の人物というのはそこいらじゅうにいると思うのです。ただ、自分の上司にはいて欲しくない・・・そんな感想です。

| もじょきち | しょーもなColumn | 06:52 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:52 | - | - | -
前から思っていたんだけと、慶喜さんて、写真だからかもしれないげど、なんか徳川家の方々に似てなくないですか?
| やす | 2017/06/17 9:25 PM |

やすさん、ども。

徳川宗家は秀忠の系統(血統)から8代には紀州・吉宗系統が続き、慶喜のみ水戸徳川家出身なので。
| もじょきち | 2017/06/18 6:44 AM |










http://mojoclub.jugem.cc/trackback/1219
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ