Mojo Club Weblog

ナウでヤングな・・・mojo blog
<< 今月の思いつき 一枚 〜 スモークスタック・ライトニン' | main | 今月の一枚 kim-yasu select 〜 ジョルジ・ベン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
今月の思いつき 一枚 〜 ダニー・オキーフ
Breezy StoriesDanny O'Keefe
"Breezy Stories"


ダニー・オキーフは'70年代を中心に活動したシンガー・ソング・ライター(近年も活動再開? アルバムをリリースしているみたいだけど)どちらかと言うとカントリー寄りの楽曲が多い。この時代の同系列SSWというとジェームス・テイラーの方が圧倒的に有名だけど、オキーフはそれほどスムースな感じではなくて ややひねくれ気味。とは言っても致死量に達するほどの毒気はないけどね。感受性が豊か(言葉に潜む意味が解せれば)舌が痺れる程度の毒は感じるかもしれない。

日本でも(昔から)そんなに有名でもない(多分)し、高く評価されていたとも思えない(恐らく)今だからこそ このルーツ的音は重要視されるというか、その道のファンは押さえておくべきアーティスト(かな)

因みにこの人のヒット曲は「Good Time Charlie's Got The Blues」で、エルヴィス・プレスリーのカバー・バージョンが有名だけど、我らが レオン・ラッセル大先生もカバーしているのを ついこの前 「YouTube」 で知った。(収録アルバム 『Solid State』'84年は未CD化)

オフィシャル・サイト → ダニーさんのお宅

| もじょきち | なんだかMusicReview | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:44 | - | - | -









http://mojoclub.jugem.cc/trackback/117
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ