Mojo Club Weblog

ナウでヤングな・・・mojo blog
<< 先送り。 | main | 温故。 >>
会議録。
JUGEMテーマ:お馬鹿さん

「せやな、どないしよか。」
彼女の言葉に返事をする。
「なんで、関西弁なん?」
彼女は聞き返す。当然、いつものご当地訛りで、そしていつもの声で。
「わからんなぁ。」
今度は「わからへん。」と言わず、イントネーションだけ関西弁風になっている。

遠く見える行く先、結論はおおよそ分かっている。
しかし、そこへ至る道筋が見えないのだ。というよりも、その道のり分析し、現していく事が億劫なのだ。そんな心の内をわかって欲しいがために関西弁なんか使っているのだ。

それを知ってか知らずか、彼女はそれ以上の追及をすることをやめた。
結局、ことは有耶無耶になり、道程を示すことはない。結果、今現在から過去へふり返る道筋しか見えない。「われらの跡に道は出来る。」そんな言葉を心の中でネガティブに解釈していた。


HOT

「HOT淹れてくれと言ったんじゃない、
ほっといてくれって言ったんだよ。」
| もじょきち | あほくさDiary | 21:09 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:09 | - | - | -
あきまへんなあ、かなわんでえ。ちゅう感じでしょうか。
| やす | 2016/06/01 9:08 AM |

やすさん、ども。

「へぇ、どないにもこないにもなりまへん。」
| もじょきち | 2016/06/02 7:24 AM |










http://mojoclub.jugem.cc/trackback/1096
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ