Mojo Club Weblog

ナウでヤングな・・・mojo blog
ノーランズ
JUGEMテーマ:音楽

ノーランズのリード・ヴォーカルを担当していたバーニーが、今年の7月に亡くなっていたのを、つい先頃まで知りませんでした。
ノーランズといえば、'80年代に活躍した というか、日本でも大人気で一世を風靡したと言ってもよい程ヒットしたグループ。




「I'm In The Mood For Dancing(ダンシング・シスター」)や Gotta Pull Myself Together (恋のハッピーデート)」などが流行ってましたな。
女性コーラスグループですが、モータウンちっくなモノではなく、軽いノリのポップスで、日本のアイドル・ポップソングに近く、そんなあたりでカバーし合ってる図式もありーのでした。石野真子とかwinkが歌っていたり、ノーランズが百恵ちゃんを歌ってみたり。






所謂、"キャンディー・ポップ"と言われていて、同時期に活躍した ドゥーリーズとかアラベスク、ニュートン・ファミリーなどのディスコ寄りなグループも同類な感じで扱われてました。なんにしても"軟派な" ヤンキーのシャコタンからズンドコ、ズンドコ♪ 聞こえてくる音楽ではありましたな。

| もじょきち | 見て来たような'80年代 | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
お口直しな一枚
評価:
オムニバス,a~ha,マドンナ,J.ガイルズ・バンド,ストロベリー・スウィッチブレイド,ベリンダ・カーライル,カルチャー・クラブ,シンプル・マインズ
コメント:嗚呼、懐かしの80's

JUGEMテーマ:音楽


前回は、まったくダメ(勿論、ワタクシの耳が)だったソフトマシーンに引き続き、なんともはやなオムニバスCDです。ご覧の通りの80年代もの。

この頃ってゆーと、ある意味 青春ど真ん中ストライクな頃なので、レコードは60年代、70年代の過去形を買っていても、何かとよく耳にするのは、これらの楽曲。「ベストヒットUSA」もよく見ていたしね。

ピコピコ♪ペコペコ♪で まるで中身の無いように思われますが、なかなかどうして、この浮かれた調子、バカさ加減が、正直 気持ちいいです。分からんくせに、まるで、強制的に勉強させられているような心持で音楽聴いても仕方ありません。これ聴いて「うぉっほほ」とタイムスリップするがよろし。車内にてかけているとカミさんも「うっわぁ〜、懐かしい」と。

当然、これも数ある企画物の一枚ですが、レーベルの問題で全て?を網羅している訳ではありません。(これはCBS/ソニー系が抜けている)が、この手は、中古のたたき売りで購入すべし なので、贅沢は言いません。デュラン・デュランやマドンナ、フランキー・ゴーズ・ハリウッドやJ.ガイルズ、ヒューイ・ルイスなんかを理屈無く楽しみましょう(面白がりましょう)

パステルカラーの肩パッド入りジャケットを着て、女性はワンレン、とさか前髪で写真に写っている過去の自分を見ながら聴くのもいいかも知れません。
| もじょきち | 見て来たような'80年代 | 08:15 | comments(2) | trackbacks(0) | -
リストラされて一花咲かせる 〜 リマール
The Best Of Limahl昔、昔のお話 ファンタージェンに"無"の危機が訪れた。同様にリマール(クリス・ハミル)も カジャグーグー を解雇され仕事が無くなった。ツンツン頭の綿帽子は一人だけ風に飛ばされたけれど、上手い具合に伝説の竜(どう見ても超胴長の犬)にへばりつき、世界を股にかけての大ヒットとなった。

タイトルは「ネバーエンディング・ストーリー」だったにもかかわらず、物語は一気に終了。世紀の一発屋との異名もとる。彼はソングライターでもあり、カジャグーグー時代も多くの曲を書いてきたし、ソロになっても自作の曲がほとんどだったにもかかわらず上記のヒットは他人の作品(ちょっと悲しい) その後 どこへ行ったか分からなかったが、2006年になってから「Tell Me Why」という曲を出している模様。髪の毛が少なく、ぺしゃんこになったおじさんがそこにいた。
| もじょきち | 見て来たような'80年代 | 07:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
英国のスーパーサイヤ人 〜 カジャグーグー
Too Shy70年代終わりから80年代にブリティッシュ・インヴェイジョン(第二次or第三次)というのがあって、パンクとかニューウェーヴとか言われていたんだけど、パンク系とは対極にあったよーなのがニューロマンティック。デュラン・デュランなんかが代表選手だった。Kajagoogooってそのデュラン・デュランの子分みたいなもんかな。ただ 大いにビジュアル系アイドル志向(に飾り立てられた?)感じで、ロッド・スチュアートが原点?のツンツン頭はこの頃の流行。ファースト・シングルの「君はTOO SHY」全英1位の大ヒット。勿論 日本でも売れた。見てくれとは違い落ち着いたジャケの『White Feathers』はそれなりに売れたけど、リマールをクビにしてから出した2ndアルバムはさっぱり。途中でグループ名を"Kajagoogoo"から"Kaja" に変えたことなんて 今は誰も知らないような事。
| もじょきち | 見て来たような'80年代 | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ